福岡県立大学 看護学部

Hiroyuki SUGINO  

HOME | 2020年度・生態・病態看護学実験
2020-11-17 

生態・病態看護学実験 2020

List of Courses, credits, and summary (2020)

▶ 生態・病態看護学実験について(終了)

新型肺炎ウイルス感染防止対策のためシラバスとは異なる授業内容となっています。

(根拠:文部科学省、令和2年度における大学等の授業の開始等について(通知))
 

受講の方法について

  • 対面授業ができないためeラーニングでの授業を行います。
  • 原則、時間割どおりの日程で行いますが、回線速度や混み具合により閲覧できないことも予想されます。よって、「指定日時以外の学習、動画コンテンツの視聴」を許可します。フォームに入力する日時が時間割と異なっていても減点等はありません。

 

ネットワークトラブルについて

  • スマホなどの視聴、文献検索、ダウンロードはパケット料金が高額になる可能性があります。また、動画再生の際に遅延が生じることもありますので、Wi-Fi環境での視聴を推奨します 
  • 学内LANのトラブル、LMS(学内eラーニングシステム)混雑等により、学内メールが利用できない場合お問い合わせのページから連絡してください。

 

出欠について

  • 閲覧後は、フォームに指定された情報を入力後、「学習を完了しました」をクリックしてください。出席点としてカウントします。 

▶ 第12回〜15回の課題について

解説動画と課題

 
微生物学実験-1 手指常在菌と手洗いの効果(7/2、7/7)
微生物学実験-2 咽頭常在菌について(7/9、7/14)
微生物学実験-3 口腔常在菌について(7/16、7/21) 
微生物学実験-4 携帯端末に付着した細菌(7/28、7/30) 
 
 
このページは学外のサーバーを利用していますので、学内メールが利用できない状態でもこちらにアクセスし、授業を受けることができます。